猫のダイエット

猫に手作りフードでダイエット!栄養素や食べてはいけないものを気にして続かない?

猫のダイエットというと必ず出てくるのが手作りキャットフードでダイエット!でも本当にダイエットできるのか、そしてそれは飼い主側も続くのか?ここでは簡単なレシピを紹介してみるので、まずこれで愛猫がダイエットできそうか、イメージしてみましょう。

簡単レシピ その1|大根たっぷり鳥レバいわし

最初に紹介する手作りダイエットフードのレシピはいわしと鳥レバーと大根を使ったレシピです。

材料

  • 大根 60g
  • いわし 1尾
  • レバー 10g

作り方

  1. 初めに大根は1cm角のさいの目に切ります。
  2. そしてイワシは内臓を取り、ぶつ切りにして茹で、鳥レバーは小さめに切ります。
  3. 最後にすべてを和えて大根の葉を散らせば完成です。

ダイエットに必要なのは良質なたんぱく質です。逆に脂肪分は減らしましょう。そこでおすすめなのが鳥のササミやなまり節のような脂のないものです。ポイントとしては、大根は辛くないものを使うことと、鳥のレバーは食べる前にさっと和えて、食べ残したものは傷みやすいのですぐにかたずけてしまうことです。

緑黄色の野菜スープ

次はおやつとしてあげられるダイエットフードのレシピです。

材料

  • 冷凍カボチャ 2個
  • ブロッコリー 3切れ
  • 小松菜 2~3本

作り方

  1. すべての野菜を柔らかくなるまで茹でます
  2. そのあと適当な大きさに切り、フードプロセッサーにかけます
  3. ペースト状になるまで、茹で汁を少しずつ加えながらフードプロセッサーにかけていきます
  4. できたペーストをスプーン1杯分取り、お湯や牛乳などで溶かせば出来上がり

多めに作っておけば何回もあげることができます。野菜スープなら栄養たっぷりですし、手作りならさらに安全安心ですね。ここで一つ注意してほしいのは、ダイエットするからと言って野菜ばかりをあげればいいというわけではありません。猫は人間と違い、肉食の生き物ですから、人間のように「ベジタリアン」にはなれないのです。お肉やお魚もきちんと与えた上で、できる限り猫にとっての栄養バランスを整えていきましょう。

猫と人間のダイエット

毎日の生活に手作りを盛り込むイメージはできてきましたか?

正直なところ、自分で作れるものの方が材料などは把握しているので安心できますが「続けるのが難しい」んですよね・・・私は余り物で作ってあげることはあっても、それ専用に材料を買ったり、手間をかけるのはなかなか続きませんでした。そしてなにより、栄養素が何がどれだけ入っているか細かくわからないので、手作りを続けてあげるにはちょっと恐怖感があります!最初は「なにか栄養が足りないんじゃないか」「実は食べちゃいけないものが入ってるんじゃないか」と心配になりながら、恐る恐るあげてみました。

もし手作りのご飯をおいしそうに食べてくれたら、それは嬉しいしハッピーな気持ちになれます!もし手作りのキャットフードで愛猫のダイエットサポートがイメージできたら、作ってみるのもいいかもしれません。

関連記事

  1. 猫のダイエットと便秘の関係!ウェットフードで水分補給
  2. 猫にとっての食事制限の意味を知って「食事回数と運動不足改善」によ…
  3. 猫の肥満判定は胸で判断するといい!?猫のダイエットをするなら歳を…
  4. 【猫ダイエットの極意】実はウェットフードはドライフードよりも圧倒…
  5. 正しく活用すれば効果的な猫のこんにゃくダイエットについて
  6. 口コミ、評判からダイエットに向いているおすすめキャットフードをラ…
  7. 獣医師も薦める猫のダイエットが、寒天でかさ増しダイエット!
  8. ダイエットのポイントは脂質!猫の内臓脂肪を落とす食事方法

ピックアップ記事

PAGE TOP