猫のダイエット

猫のダイエットで栄養失調には気をつけて!猫は人間ほど急に体重は減りません

100gしか減らなかった!と思うのは大きな間違い

人間を50kgで計算するとしても、100gは体重の1/500でしかありません。猫の場合、3kgで計算するとしたら、100gは1/30にもなります!50kgの人間の1/30は1.66kgに相当します。このように人間と猫の100gは全く感覚が違い、100gのダイエットに成功すれば、人間で1.66kg程のダイエットに成功しているのと同じ位の効果です。

人間サイズで考えるとわかりやすい

これを元に考えてみてください。普通サイズの日本猫が10kgにも太ってしまったら人間では150kgを超えた位の体重になります。もちろん、人間と猫がこれほど同じ比率で太ったりするわけではないので、この考えは間違っているともいえますが、遠からずといったところ。太らせてしまった原因は飼い主にあり、大変なダイエットをさせなければいけない原因ももちろん飼い主にあり、猫は飼い主によって左右するということをしっかりとわかってダイエットに励みましょう。

ダイエットであっても栄養のあるものを食べなければいけません

猫に与えるキャットフードは主に、総合栄養食と一般食に分けることができ、総合栄養食は、これと水だけで生きていくために必要な栄養をバランスよく摂る事ができます。一方で一般食は総合栄養食よりはカロリーが低く嗜好性の高いものが多くありますが、それだけではビタミンやミネラルが不足することもありよくありません。そのため一般食の方がカロリーが少ないからといって、それだけを与えていると栄養失調になってしまうので、総合栄養食を与えて栄養を摂るようにしなければいけません。総合栄養食を与える際には、ダイエット用などのカロリーが少なめなものがあるのでそちらを与えることで、低カロリーで健康的にダイエットすることができます。

どれだけ太っているのかも判断材料に

3kgが平均体重の猫が5kgの場合と10kgの場合では、ダイエットの仕方は変わります

10kgの猫の場合

もちろん食事制限を行いながら運動をしていきますが、10kgの猫の方が食事制限でまずは痩せ始めるので効果が見えやすいと思います。しかし運動に限っては全く動いてくれなかったり、平均体重3kgが10kgになるとお尻も自分で舐められない事態になってくると思います。根気強い食事制限、運動が必要で、しかも関節などを痛めないように細心の注意を払わなくてはいけません。

5kgの猫の場合

5kgの猫の場合は100gずつでも少しずつ、しっかりとと筋肉をつけながら行っていけば十分だといえます。このように肥満になればなるほどダイエットは大変で、注意を払う点が多くなります。また歳を重ねる度に大変なものとなり、最悪寿命を縮めることに繋がります。早い対応を心がけ、体重ごとに気を配るようにしましょう。

関連記事

  1. 猫のダイエットにもアプリを活用!記録をしないと変化がわからずモチ…
  2. 猫にダイエットのストレスを感じさせない方法!ストレスを軽減するた…
  3. 獣医師も薦める猫のダイエットが、寒天でかさ増しダイエット!
  4. 理想の猫のダイエットは半年から1年位の期間をかけて行って!無理は…
  5. 【猫ダイエットの極意】実はウェットフードはドライフードよりも圧倒…
  6. ダイエットのポイントは脂質!猫の内臓脂肪を落とす食事方法
  7. 猫に手作りフードでダイエット!栄養素や食べてはいけないものを気に…
  8. 猫にとっての食事制限の意味を知って「食事回数と運動不足改善」によ…

ピックアップ記事

PAGE TOP